薬剤師になって40代で初めて転職した

年収だけのために働くのは空しいと思っていたけれど

年収だけのために働くのは空しいと思っていたけれど友達との再会が今までの自分のキャリアを振り返るきっかけに頑張り次第で給料がぐんぐん上がる

大学を出た後に病院で薬剤師として働いていました。
転職の経験はゼロでした。
職場が気に入っていたので、定年までそこで勤めるつもりだったのです。
ところが、友達に久しぶりに再会してその気持ちが揺らぐようになりました。
同じ40代の薬剤師です。
彼はMRに転職していました。
製薬会社の営業の仕事です。
私と同じように病院に入ったのですが、30代で転職したそうです。
ひさしぶりに会った友人は生き生きとしていました。
活気があって、明るい顔をしていたので圧倒されるような気がしました。
いろいろ話をして一番驚いたのは年収です。
私の年収は600万円台ですが、友人は1000万円台でした。
同じ年で同じ大学を出ているのに、大きな差がついています。
年収だけのために働くのは空しいと思っていました。
この仕事は患者さんを救う面があります。
病気で困っている患者さんが、私の処方した薬で元気になることが生きがいの一つでした。
その生きがいは年収には反映されません。
しかし、困っている人を助けるのは喜びを感じられる仕事です。

「土日休みたい」と思ったら薬剤師専門転職サイトを見てください : 薬剤師の求人情報サイト